死亡慰謝料の相場とは

相場死亡慰謝料の相場を実際に見てみましょう。  自賠責というのは、被害者が死亡した場合における支給額はあらかじめ決定されています。遺族に対しても、決められた慰謝料が支払われます。自賠責基準の場合、被害者本人は一律350万円、遺族は1人なら550万円、2人なら650万円、3人以上ならば750万円、被扶養者がいるならば200万円加算されます。 これに対して、任意保険基準の場合、一家の支柱が亡くなった場合には1700万円、母親や配偶者の場合は1400万円、その他の場合は1250から1450万円となっています。

これに対して、弁護士基準になると、一家の支柱の場合は2800万円、母親や配偶者の場合は2500万円、その他の場合は2000万円から2500万円となっています。 これだけ見ても分かるように、自賠責基準でも任意保険基準でもなく、弁護士基準がいかに死亡慰謝料の基準が高いかどうかが分かるはずです。ですから、死亡事故が起こった時には、いかなる場合においても弁護士を依頼して死亡慰謝料の相談をする方が良いのです。亡くなってしまった人の命は戻ってこないわけですから、その分お金を多く請求する権利はあるはずなのです。最後までしっかりと主張をするようにしましょう。

死亡事故に対する慰謝料

死亡事故に対しての慰謝料ですが、保険会社から提示される金額については、実はそこまで高くはないと思っておいて構いません。実際のところ、保険会社が提示してくる金額というのは、弁護士の出してくれる基準と比べてみると、大きく下回っているとみても良いです。

慰謝料例えば、自賠責保険の基準による死亡事故の基準があるのですが、これは自賠法に基づく省令によって設定されています。自賠法は、交通事故の被害者が最低限の補償を受けるためのもので、金額的には低く設定されているのです。そして、任意保険基準というものがあるのですが、これは営利企業ということもあって、加入者を増やすために保険料が安く設定されています。そして、弁護士基準ですが、それは保険会社の基準と比べたときに、最も高い基準となっているのが、裁判所、弁護士の基準となっています。

弁護士基準は、裁判を行った場合、相手側との示談をする場合に用いられる基準です。ただ、これを得るために自分だけで動いたとしても難しい話です。高額と言っても、実際に獲得するためには、弁護士を依頼をして示談、裁判を行うことが大事となります。法律の世界で戦うためには、法のスペシャリストの力を借りる必要があるというわけです。

交通事故被害で請求できる慰謝料とは

もしも大事な家族が交通事故で亡くなってしまったとしたら、遺族の悲しみ、苦悩はとても大きなものがありますが、そうした中でも損害賠償の話は加害者側の保険会社と交渉する必要性があります。そうしたときには、死亡事故の慰謝料の相場はどのくらいなのか、保険会社からの慰謝料金額は適正なのかということも多いでしょうし、何かと不安になることも多いかと思われます。

弁護士実際のところ、慰謝料という点で言うと、交通事故による死亡事故の慰謝料は、保険会社から提示されたものの金額はそこまで高くはないと思って構いません。実際のところ、自賠責保険による基準もそうですが、保険会社による基準は、弁護士が出してくれる基準に対して大きく下回っているのです。そうした面だけでも、弁護士に依頼をするという点において、大きなメリットがあると言っても構いません。

慰謝料の相場に関しては、自賠責保険に請求する場合、任意保険会社が提示する場合、そして、弁護士が相手側や保険会社に請求する場合という基準があります。この中でも、最も金額としては大きい基準になっているのが弁護士基準というものです。裁判を行った相手側と示談するときに用いられる基準となります。高額の慰謝料を獲得するためには、弁護士に依頼をして裁判、示談などを行うことが必要になるということです。

それでは、この慰謝料基準について、そして、死亡した際の慰謝料がどのようになるのかについて紹介していきます。