死亡慰謝料の相場とは

相場死亡慰謝料の相場を実際に見てみましょう。  自賠責というのは、被害者が死亡した場合における支給額はあらかじめ決定されています。遺族に対しても、決められた慰謝料が支払われます。自賠責基準の場合、被害者本人は一律350万円、遺族は1人なら550万円、2人なら650万円、3人以上ならば750万円、被扶養者がいるならば200万円加算されます。 これに対して、任意保険基準の場合、一家の支柱が亡くなった場合には1700万円、母親や配偶者の場合は1400万円、その他の場合は1250から1450万円となっています。

これに対して、弁護士基準になると、一家の支柱の場合は2800万円、母親や配偶者の場合は2500万円、その他の場合は2000万円から2500万円となっています。 これだけ見ても分かるように、自賠責基準でも任意保険基準でもなく、弁護士基準がいかに死亡慰謝料の基準が高いかどうかが分かるはずです。ですから、死亡事故が起こった時には、いかなる場合においても弁護士を依頼して死亡慰謝料の相談をする方が良いのです。亡くなってしまった人の命は戻ってこないわけですから、その分お金を多く請求する権利はあるはずなのです。最後までしっかりと主張をするようにしましょう。