死亡事故に対する慰謝料

死亡事故に対しての慰謝料ですが、保険会社から提示される金額については、実はそこまで高くはないと思っておいて構いません。実際のところ、保険会社が提示してくる金額というのは、弁護士の出してくれる基準と比べてみると、大きく下回っているとみても良いです。

慰謝料例えば、自賠責保険の基準による死亡事故の基準があるのですが、これは自賠法に基づく省令によって設定されています。自賠法は、交通事故の被害者が最低限の補償を受けるためのもので、金額的には低く設定されているのです。そして、任意保険基準というものがあるのですが、これは営利企業ということもあって、加入者を増やすために保険料が安く設定されています。そして、弁護士基準ですが、それは保険会社の基準と比べたときに、最も高い基準となっているのが、裁判所、弁護士の基準となっています。

弁護士基準は、裁判を行った場合、相手側との示談をする場合に用いられる基準です。ただ、これを得るために自分だけで動いたとしても難しい話です。高額と言っても、実際に獲得するためには、弁護士を依頼をして示談、裁判を行うことが大事となります。法律の世界で戦うためには、法のスペシャリストの力を借りる必要があるというわけです。